事業の目的

ウガンダ北部・アジュマニ県にある「パギリニヤ難民居住区」にて、現地で活動するNGOを通じて、緊急的な支援が必要な南スーダン難民を対象に支援を行いました。

100万人以上の南スーダン難民を抱えるウガンダ。国連機関や大型NGOによって大規模支援が行われてはいますが、増え続ける難民に対して、それぞれのニーズに対応した支援はほとんど実施されていません。難民一人ひとりの状況やニーズに応じたきめ細やか支援を実施するために、現地で活動するNGO同伴の下、難民へのニーズ調査を行い、その後ひとり一人に寄り添った支援を実施しました。

これまでの活動

支援対象者である難民の一人をご紹介します。

昨年7月に紛争が再燃し、その後ウガンダへと避難してきたチャールズさん(仮名)。紛争で家族3人を失い、子ども5人を養わなければならず、厳しい生活状況に置かれています。「私たちを支援してくれる人は一人もいない。仕事も無い。ここ(難民居住区)での生活はとにかく大変だ。」と語っていました。

現在のチャールズさんには収入を得る手段がありません。家庭菜園ではトマトを栽培していますが、石だらけの土地は農業に向いていません。雨期に入ったウガンダでは、コレラやマラリアなどの病気の蔓延も危惧されており、まだ幼い子どもたちの健康も心配されます。

各物資のイメージが描かれた調査シートを使って丁寧にヒアリングをし、砂糖やトウモロコシの粉といった食糧に加え、石鹸や生理用品をはじめとした衛生用品、また井戸から生活用水を汲む時に使用するポリタンク、マラリアを防ぐための蚊帳、調理器具・調理油など、本当に必要とされている物を必要な分だけ提供しました。

これまでの事業成果

2017年夏の活動において、現地で活動するNGOを通じて、以下の支援が実施されました。

▼食糧品
ポショ*¹…1220kg
砂糖…455kg
料理油(1L)…148本(1L×148本)
乳児用食品(ミルク)…20個

▼生活用品(水)
たらい…59個
ポリタンク…76個
マッチボックス×2ダース

▼医療品
マラリア対策用蚊帳…47個

▼衛生用品
OMO(洗剤)…65kg(1kg×65個)

▼衣料品
下着(女性用)…66着
下着(男性用)…24着
下着(子ども用)…4着
サンダル…260足

▼食器類
カップ…184個
プレート…120枚
スプーン…24本
フォーク…6本
キッチンナイフ×4本
トレイ…25枚

▼学習用品
鉛筆×50本

▼その他
支援物資を入れる袋…65袋

*¹…トウモロコシを粉末状にした物

以上、現地で活動する国際協力NGOを通じて、61世帯421人の難民に対して283,852円分の支援物資が届けられました。この内、234,811円分は、コンフロントワールドからの資金が充てられています。