【#わたしの原動力vol.24】幅広い学びから見えてくること

皆さん、こんにちは!

NPO法人コンフロントワールドです。

 

11月16日(土)19時より「【活動説明会】~コンフロントワールドの始まりとこれから~」と題してイベントを開催いたします。

※会場が変更になりました!※

最寄り駅が参宮橋の会場から、高田馬場駅が最寄りの会場に変更になっております。

大きな会場よりも、来場者一人ひとりに向き合いたいと思っての変更です。

ご了承くださいませ。

 

 

※イベントの詳細&お申込みはこちらから!※

https://confrontworld-event-20191116.peatix.com/view

 

そこで当イベントを大いに盛り上げたい、コンフロントワールドで活動するメンバーのことを知っていただきたいという想いから、『#わたしの原動力』というテーマで毎日ブログを更新しております。

 

これまでは「コンフロントワールドのメンバーがどのような想いで活動をしているのか」を中心にお届けしておりましたが、2周目以降は『#わたしの原動力~プライベート編~』になります!

 

コンフロントワールドとは別の活動をしていたり、勉強していたり、仕事していたりしている人が沢山いるのも当団体の魅力ですので、私生活でメンバーがどんな想いを持って動いているのかを綴って参ります。

第24回は毛利が担当いたします。是非ご覧くださいませ!

 

こんにちは!コンフロントワールドの毛利です。

今回は、テーマが『私の原動力―プライベート編』ということなので、私の大学生活について書きたいと思います!

 

私は現在、千葉の大学で国際教養を学んでいます。他の学部の人からは、国際教養学部って何勉強してるの?とよく聞かれるのですが、いろんなことを広く浅く勉強しています。理系分野も文系分野も、日本のことも世界のことも、授業の内容は本当に多岐にわたっています。

 

このように、私の学部には「専門」がありません。どちらかというと、私はいろんなことに手を出すよりもひとつのことを極めたい性格だったのですが、約2年間この大学で学んできて、幅広くいろんな分野のことを勉強することってすごく楽しいなと感じています。

 

何か物事を見るときに、分野が変わればそれに対する見方も変わってきます。そのため、いろんな分野を学んでいれば様々な視点から物事を見ることができるようになってきます。そうすることで、新しい気付きが生まれてくることもよくあります。

 

何か特定の分野を極めることで自分の強みをつくることもいいですが、私は自分の強みと言える分野がなくても、様々な視点から見た意見を出せたり、今までなかった新しいアイデアを提案できるような人になっていきたいなと思っています。

 

これからも自分の視野を広げていくために様々な分野を学び続けていきたいと思います!

 

イベント当日まで残り少なくなってきました。みなさんとお会いしてお話しできることを楽しみにしています!

関連記事

  1. 【#わたしの原動力vol.4】わたしの原動力は、私に勇気を与えてくれる…

  2. 【#わたしの原動力vol.26】子どもの頃と変わらぬ気持ち

  3. 【#わたしの原動力vol.12】好きでやりたいから

  4. 【スタッフブログ】スタッフの声」⑯「途上国で感じた違和感」―西川敦彦

  5. 【#わたしの国際協力vol.10】小さな世界

  6. 就活も存在しないし、正社員とバイトの区別もない国があるんだって。