【#わたしの原動力vol.5】誰かのため、自分のため

皆さん、こんにちは!

NPO法人コンフロントワールドです。

 

11月16日(土)19時より「【活動説明会】~コンフロントワールドの始まりとこれから~」と題してイベントを開催いたします。

※会場が変更になりました!※

最寄り駅が参宮橋の会場から、高田馬場駅が最寄りの会場に変更になっております。
大きな会場よりも、来場者一人ひとりに向き合いたいと思っての変更です。
ご了承くださいませ。

 

 

※イベントの詳細&お申込みはこちらから!※

https://confrontworld-event-20191116.peatix.com/view

 

そこで当イベントを大いに盛り上げたい、コンフロントワールドで活動するメンバーのことを知っていただきたいという想いから、『#わたしの原動力』というテーマで毎日ブログを更新して参ります。

 

コンフロントワールドのメンバーが、どのような想いで活動に携わっているのか、是非ご覧くださいませ。第五回は太田が担当いたします。

こんにちは!学生スタッフの太田と申します。

大学1年生で、今年の7月から活動に参加しております。

 

今回のテーマ、『わたしの原動力』。特に原体験も無く、言語化するのにとても苦戦したのですが、、

 

私がコンフロントワールドで活動する原動力は、

 

  1.  世界に対してなにかしたい、という気持ち
  2.  親友の存在

 

この2つかな、と思います。

 

私は良くも悪くも夢見がちな性格で、世界で起きている問題に対して自分も何かしたい、と思ってしまいます。

 

ですが、一人では何もできなくて、勇気を出して自分から一歩踏み出さなければ何も始まらない、と思い、この団体に参加することを決めました。

 

この団体は、そこら辺にいる大学一年生の私にも世界に何か働きかける機会を与えてくれ、そんな団体で活動できていることがとても楽しく、嬉しいです。どんなに大きなことも、小さなことの積み重ねで成り立っている、ということを、活動を通して毎日実感しています。

そして2つ目ですが、私の原動力として、高校時代の親友の存在が大きいです。

 

一緒に部活(吹奏楽部でした!)をやり遂げた友人、一緒に受験を乗り越えた友人。大学生になった今、進む道が違っても、離れた場所でそれぞれ必死に努力している姿に刺激をもらいます。私もなにか打ち込めるものがほしい、コンフロントワールドに入ったのにはそんな理由もあります。負けてはいられないですね!笑

 

なので、この団体で活動しているのは、誰かのためであるのと同時に、自分のためでもある、といえるかもしれません。これからもこの気持ちを忘れず、私自身も、団体も、新しいことにチャレンジしていきます!

 

そしてこの記事を読んでくださっているあなた!

 

コンフロントワールド、または国際協力などに、少しでも興味をお持ちいただいていることと思います。そんな方にとって、今回のイベントはとても価値のあるイベントだと思っております!

 

そう考えるのには理由があります。実は私は山梨の大学に通っており、私がスタッフになる前、当団体の説明会イベントが山梨でも開催されました。その時点で団体のことを知っていましたが、参加して実際にスタッフの方々にお会いしたことで、直接語られる言葉から、文面では伝わらない、スタッフそれぞれの活動にかける思いを感じました。

 

今度はスタッフ側として、皆様になにかお伝えできるよう尽力いたします。

会場でお会いできますことを楽しみにしています!

 

お読みいただきありがとうございます。これからのスタッフブログも楽しみにしていてくださいね~!

 

※イベントの詳細&お申込みはこちらから!※

https://confrontworld-event-20191116.peatix.com/view

関連記事

  1. 外国人としての僕は、ペルー人になりたい。

  2. 【スタッフブログ】スタッフの声⑨「次のあの子を生み出さないために」-荒…

  3. 【#わたしの原動力vol.16】手を動かす楽しさとワクワク

  4. 【スタッフブログ】スタッフの声」⑬「踏み出す勇気」―佐藤彩香 4月 2…

  5. 【#わたしの国際協力vol.12】現地の人に任せて、ちょっと後押しする…

  6. 【#わたしの原動力vol.18】笑顔のパワー