【#わたしの国際協力vol.11】出会えて良かったと思える人たち

皆さん、こんにちは!

7月27日(土)に日本を代表する国際協力の実施機関であるJICA様とイベントを行います。

 

■イベントの詳細はこちらから!(Facebook)

 

当イベントや皆様の国際協力活動をもっと盛り上げたいとの想いから、「#わたしの国際協力」と題してメンバー全員でブログを毎日更新して参ります。

ぜひ、ご自身のSNSアカウントで「#わたしの国際協力」というハッシュタグを使って投稿して下さいね!!(検索して“リツイート/いいね“しに行きます笑)

 

今日の【#わたしの国際協力】は、スタッフのが担当します!

「わたしの国際協力」というテーマで、スタッフ全員がブログを書いているのですが、今までのブログを見ても、それぞれが思う、「国際協力」がありますよね。

 

私にとっての国際協力は、「人との出会い」です!!

というか、コンフロントメンバーとの出会いです!!

 

私は、大学3年生時にコンフロントワールドに入ったので、かれこれ2年ぐらい活動しています。

そして、今年の春からは、新社会人としてバリバリに働いています。

まあ、そのお仕事がなかなか忙しく、正直言ってしまうと、あまり活動にコミットできていなくて…

・アフリカ行ったことない

・海外経験もそんなにない

・英語も話せない

・専門用語とかもよくわからない

・社会人で時間がうまく取れない

簡単に言うと、これが、私の現状です(泣)

 

「国際協力をしている人は、全員途上国に行ったことがある」などと思われがちですが、そんなことないです(笑)(まあ、どんな形でも行った方が絶対にいい経験にはなると思いますが…)

 

でも、なんでこんな状況の私が、活動を続けられているか……

 

それは、「コンフロントワールドのメンバーが好きだから」です!!

すごくすごく、ステキなメンバーなのです。

 

国際協力をしている人って、外から見ると、すごく頭が良くて、論理的で、バシバシ意見言ってきて、パソコンもめっちゃ使えて、なんか、とっつきにくいイメージがあると思うんです。(いろいろすいません…)

正直私も、コンフロントに入る前はそんなイメージがありました。

 

でも、直接会ってみてください!

活動に対して、すごく熱い心をもって向き合っていて、なおかつくだらない話もたくさんできる、気さくで楽しい人ばかりです!

 

みんなと話せば、たくさんの知識を得ることが出来るし、自分の中にはない考え方を学ぶこともできるし、この2年間で本当にたくさんのことを知ることが出来ました。今も学ぶことがたくさんあります。

 

そして、騒ぐときは騒いで、辛い時は話を聞いてくれて、団体を離れてしまいそうな子がいたら、メンバーみんなで引っ張っりあげてくれる、大切な仲間で、本当に心の底から出会えてよかったと思う人達です。

 

そう思える人に出会える経験って、なかなかないと思うんです。

 

でも、出会えるチャンスは、その辺にごろごろ転がっています。

そのチャンスを掴んで、自分のものにするかどうかは、自分次第です。

 

今回のイベントは、その出会いのチャンスでもあると思います。

もしかしたら、自分の人生に影響を与えてくれる、何かを残してくれる人達との、ステキな出会いがあるかもしれません。

 

「なんか国際協力には興味はあるけど、詳しいことはよくわからない」とか、難しいことは考えず!

ぜひ、一歩踏み出してみてください!

まずは踏み出してみませんか?

■イベントの詳細はこちらから!(Facebook)

■お申込みはこちらから!(Googleフォーム)

関連記事

  1. 【#わたしの国際協力vol.7】自分らしく生きる方法

  2. 【スタッフブログ】スタッフの声」⑯「途上国で感じた違和感」―西川敦彦

  3. 【スタッフブログ】スタッフの声⑫「いま私が出来ること・すべきこと」―亀…

  4. 【#わたしの国際協力vol.15】国際協力のつながり

  5. 【スタッフブログ】現地より「滞在地紹介」ー亀ケ川愛ー7月21日

  6. 外国人としての僕は、ペルー人になりたい。