【SDGsパートナーへの意気込みvol.7】私が実際に感じた、サッカーの力

こんにちは。学生スタッフの林です。

「笑顔にする力」

南米パラグアイのスラムを訪れた際に見た、子どもたちがキラキラした笑顔でサッカーをしている光景、今でも鮮明に覚えています。(写真は、物資提供を通したサッカープロジェクトを現地で行ったときのものです。)

「心を熱くする力」

2018年サッカーロシアW杯を現地観戦した際に見た、世界各国のサポーターが喜怒哀楽の感情を全開にして自国を応援する光景、今でも鮮明に覚えています。

僕自身も3歳からサッカーを続けていますが、スキルや技術はもちろん、礼儀やマナー、周囲とのコミュニケーションの取り方などフィールド以外でも活きることをたくさん学べました。

このようにサッカーには本当に多くの力があると思っています。

私の経験上、サッカーをプレイする人、観る人、応援する人、どんな関わり方でも関わった人にポジティブな影響を生みだしている印象があります。

国際協力の文脈でも、間違いなくこのことが当てはまると確信しています。

SOLTIOさんとのパートナーシップを結び、たくさんの人々に良い影響を生み出せるような活動を行っていきたいと思います。

関連記事

  1. 【SDGsパートナーへの意気込みvol.5】スポーツで繋がる

  2. 【SDGsパートナーへの意気込みvol.4】スポーツを通して「世界を知…

  3. 【SDGsパートナーへの意気込みvol.1】繋がりと期待

  4. ※イベント3/1開催※【SDGsパートナーへの意気込みvol.12】『…

  5. 【SDGsパートナーへの意気込みvol.9】互いの役割がぶつかるポイン…

  6. 【SDGsパートナーへの意気込みvol.11】繋がりを強固にする仕組み…