【タンザニア学校建設】学校建設の流れをご紹介します!

皆さんこんにちは。

NPO法人コンフロントワールドの北島です。

いつも応援いただきありがとうございます。

コンフロントワールドは、タンザニア連合共和国の現地パートナーとともに、私立小学校設立事業を行っています。

現在は、私立小学校の政府の登録を目指し、教室の建設を進めるかたわら、すでに完成した校舎を利用して、幼稚園と小学生向けの塾の運営を行っています。

今回は、タンザニアで実施されている学校建設の流れをご紹介致します!

①土台

まずは教室の形やサイズに合わせて土台を作っていきます。

まだどのような教室が出来上がるか想像がつかないですね。

②壁

次に、壁を作っていきます。どんどんブロックを積み上げていきます。

③屋根

壁が完成したら、屋根の骨子を作っていきます。

内側から見ると、このようになっています。

④外壁・屋根・窓

そして壁をコンクリートで固め、屋根や窓の骨子を設置します。

⑤内装

次に、教室内の床や壁もコンクリートで固めます。

⑥ペンキ塗装

最後に、壁を塗装したら完成です。外側は黄色で、内側は白色のペンキで塗装します。教室のそばでは草木の植え込みをしています。

いかがだったでしょうか!今回は沢山の写真と共に、教室がどのように建設されていくかをご紹介致しました!

全ての教室が建設された様子を見るのが楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

引き続き応援よろしくお願い致します!

関連記事

  1. 【タンザニア学校開校間近】1月の活動報告

  2. 【タンザニア学校建設】タンザニア学校建設の12月の活動進捗をお伝えしま…

  3. タンザニア学校建設の進捗

  4. 【タンザニア学校建設】4月のタンザニア学校建設の様子をお伝えします!!…

  5. タンザニアでの学校設立支援事業の進捗(2021年3月)

  6. 【タンザニア学校建設】タンザニア学校建設の活動進捗をお伝えします!