タンザニアにて、子供の選択肢が広がる学校作りを開始します

皆様、新年あけましておめでとうございます。

NPO法人コンフロントワールド副代表の溝口です。

 

コンフロントは2020年、新たな一歩を踏み出します!

タンザニアのムトワラ州・マサシ県にて私立小学校の設立を目指すプロジェクト氏と、学校建設や運営面での協働を実施することとなりました。教室建設の資金提供を皮切りに、「生徒の選択肢が広がる教育」を提供することを目的とした学校作りを開始いたします。

-協働パートナーとの出会い-

 

私溝口は、コンフロントとは別の活動ではありますが、2018年1月~2020年1月の期間、タンザニアの公立中等学校にて教師ボランティアをしておりました。

そこで同僚教師として出会ったのがプロジェクト氏です。彼は公立学校の教師であるだけではなく、自らの私立学校を設立するための準備を進めています。彼は既に銀行からの借金を土地購入や教室建設に充てていて、5年後に私立学校としての公式登録を済ませることを目標に据えています。現在は教師3名を雇い、幼稚園生と小学生計55名を教えています。

 

彼は「自分のやり方でなら優秀な生徒を育てることができる」という信念のもと、自ら学校設立のために動いてきました。タンザニアでは大学を卒業しても仕事に就けない人が少なくないため、将来的には経済的または社会的に自立した人を育てたいということも話しています。

 

-タンザニアの教育事情-

この国では私立学校の数が少なく、ほとんどの子供たちが政府の管理下にある公立学校に通っています。公立学校では教育の質が低いことが大きな問題となっていて、例えば

  • 生徒数に対して教員、机、椅子、教室、教科書等が不足している
  • 教師が時間になっても教室にこない
  • 教師が十分に教科を理解していない
  • 教師が教室に来ても教科書を黒板に丸写しだけしかしない
  • モチベーションのある教師が少ない
  • 家族の教育の重要性に対する理解が少ない

 

といった問題が挙げられます。

その結果公立学校の生徒の学力レベルは極めて低く、例えば中学校レベル終了時の国家試験合格率はたったの3%程度に留まっています(2016年データ)。つまり、殆どの生徒が高校レベルの教育を受ける前に落第してしまうということです。

中学校レベル以降の教科での使用言語が英語となっていることも、生徒にとっての大きな壁です。

タンザニアの国語はスワヒリ語であること、そして公立小学校の英語教育の質が低いことから、多の生徒が中学校の教科を理解できていない現状です。生徒は試験のためにひたすら英文の丸暗記することに追われ、英語学習が進まず教科を理解できないという悪循環にはまってしまいます。

 

タンザニアの人口増加率は世界第13位であり、今後15年間で人口が約3000万人増加すると言われております。今後更に公立学校が圧迫される中、教育の質の向上が重要課題となっております。そのため、優秀な教師を集めやすく、質の良い教育を追求しやすい私立学校が必要であると私たちは考えています。

 

-実現したい未来-

子供たちが自分で未来を決められる社会

タンザニアの子供たちにとって、学校卒業後に仕事に就くことは簡単ではありません。日本と比較すると一般企業の数がとても少なく、公務を含め募集されている職のポストが少ないため、中には国内トップ大学を卒業しても職に就けない方もいます。また、中学校レベルの教育を終えた子供たちはその後すぐに結婚、女性であれば妊娠することが多いという現状があります。

 

子供たちが将来、自分でビジネスを始めて成長させたり、家族計画を立ててそれを実行したり、女性は若年での妊娠や結婚以外の選択肢を取れるようになったりする。私たちは、そんな未来を夢見て、この事業を実施していきます。

 

-生徒の選択肢が広がる教育の提供を目指す-

コンフロントは、教室一棟の建設費用を支援することを皮切りに、プロジェクト氏と共に生徒の選択肢が広がる教育の提供を目指していくこととなりました。

教室建設への支援を皮切りに、教育の質の向上と学校運営の支援も行います。

私たちは、タンザニアにおいて教育の質に以下の段階があると考えております。

まずは、1.「最低限の質が確保された教育」の実現に向け、小学校を建設し、小学校の教育をスタートするところから始めます。
例えば、「教師が学校にちゃんと来る」「教師が授業内容を理解している」「机・椅子・教科書などが不足していない」などです。

 

-弊事業への参加にご関心のある個人/団体の皆様へ-

コンフロントワールドは、弊プロジェクトへのご協力・ご参加に関心のある個人または団体からのご連絡をお待ちしております。
・教育を専門とされる個人/団体の方
・開発途上国での学校教育に関わりたい個人/団体の方
・開発途上国での学校教育現場で実現したいアイデアのある方
下記のメールアドレスにまでご連絡くださいませ。
confrontworld@gmail.com

 

-日頃からコンフロントをご応援いただいている皆様へ-

この新事業は、日頃からご支援、ご応援のおかげでスタートを切ることができました。なんと感謝を申し上げればよいのか、分かりません。皆様のご応援を背にこの事業を発展させ、今後皆様へより良いニュースをお届けすることができるよう、精一杯努めて参ります。

関連記事

  1. 【事業紹介】ペルー刑務所発ファッションPietà(ピエタ)

  2. 【活動報告】タンザニアでの学校建設の様子をお知らせします!

  3. タンザニアでの学校設立支援事業の現在をお伝えします

  4. 【新型コロナウイルス緊急支援】クラウドファンディング開始しました!

  5. 【開催報告】African week~AFRICANなカフェ空間と、ウ…

  6. 副代表の溝口がスタッフを他己紹介!(第二回:林佑紀さん)