【ウガンダ】6月活動内容について

こんにちは、社会人メンバーの岩尾です。今回はウガンダのブタンバラ県で実施している水衛生支援について、6月分の活動報告をします。

石鹸生産

6月は現地パートナーと協働して、石鹸工房で液体石鹸を生産しました。  

こうした石鹸工房で生産した液体石鹸の配布は、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるために始めた取組ですが、昨年度は液体石鹸を1100L生産して、健康センターに400L、10学校に250L、400世帯の家庭に100L、その他公共施設に50Lを手洗い装置等と合わせて配布しました。

手洗い装置配布

また、生産した液体石鹼と合わせて、簡易手洗い装置を製作し、地域のコミュニティへ提供しました。

子供が作業を手伝っている様子もあり、地域が自律して少しずつ衛生改善していくことが期待できます。

また、本事業は、世界の人びとのためのJICA基金活用事業に採択されました。今後はJICA様とも協働しながら、継続的に石鹸や手洗い装置の提供を通して地域の衛生習慣を改善していきたいと思います。

関連記事

  1. SOLTILO Bright Stars FCの「SDGsパートナー」…

  2. ウガンダで衛生環境の改善!〜パートナー推進事業の進み

  3. ウガンダにおいての活動内容のご紹介

  4. 【渡航報告NO.2】HIV陽性者が暮らす世帯へ建設中のトイレの今をお伝…

  5. 【活動報告】小学校で貯水タンク建設と衛生教育を行うプロジェクトの、活動…

  6. 新型コロナウイルス緊急支援クラウドファンディング、300万円達成!!