【独占インタビュー最終回】囚人たちにしか作れないものがある。

こんにちは。林ゆうきです。

今回は、ペルー発&刑務所発のファッションブランドPietà(ピエタ)の創設者兼現代表のThomasのインタビュー記事最終回です。

ぜひ、読んでください!

目次

1.給料の使い道

2. Pietà(ピエタ)で働くモチベーション

3.日本に一言

4.所感

1. 給料の使い道

―Pietà(ピエタ)で働いている囚人の方々は、得た給料をどのように使っているのか。

 

Thomas : ペルーでは若いうちから子どもを持つ家庭がたくさんある。そして、多くの場合、男性が家族の柱として働き、女性は家で子どもの世話をする風潮があるんだ。そのため、その家族の柱である父親が刑務所に入ってしまうと、その家庭は収入を得ることができなくなってしまう。

 

そして、家族の食事、家賃、子どもの学校等の費用は残された家族にとって大きな負担になっているんだ。家族を持つ男性の多くは刑務所に入ってしまったことで家族に負担をかけてしまったことを悔いながらも、父親としてのプライドをしっかりと持って給料を家族に送っているよ。家族に送る以外だと、彼らの好きなように使っているかな。

 

刑務所内はとても厳しい環境なんだ。手にした給料を使って、食べ物やベッドを買ったりしているよ。刑務所内は最低限の食べ物しか手に入らないし、刑務所内はとてもよい環境とは言えないね。

(補足:ペルーの刑務所では、囚人が家族と面会する際、囚人が食べ物や衣類等を受け取ることが容易に可能とのこと)

2. Pietà(ピエタ)で働くモチベーション

―トマスさんにとって、働くモチベーションはなんですか。一番、満足感を感じるときはどんなときですか。

 

Thomas:0の状態からプロジェクトを始め、企業になって、こうやって成長できていることが本当に嬉しいし、これまであったものとは一味違ったオリジナルの商品を作れていることにとても満足しているよ。

それに加え、私自身が数多くの囚人の方たちと関われていることも非常にモチベーションになっているね。

様々な囚人の方がいるんだよ、大学まで通って高い教育水準の方もいれば、識字能力が低い方もたくさんいる。このようにいろんなバックグラウンドを持った方々と知り合い、一緒に働くことは非常に楽しいし、大きなモチベーションになっているね。

3. 日本に一言

―日本の方々に何かメッセージがあれば、お願いします。

 

Thomas:日本に対しては、特に言うことはないね(笑)

ファッション産業も発展しているし、日本の商品はとても繊細で丁寧。実際、日本で作られた商品と比べると私たちが作るものは少し劣っていると思う。かくいう僕も日本の大ファンだよ!

比較的小さい国でありながら、よい商品をたくさん生み出していて、ファッション全体のレベルや可能性を引き上げてくれている、感謝だね。

4. 所感

Thomasの言葉にもあったように、罪を犯してしまった人が家族の大黒柱だったとすれば、残された家族の負担は大きく、残した家族にお金を送りたい、プライドを保ちたいと思うのはとても理解できます。

「家族に送金」「家族の大黒柱としてのプライド維持」これらの実現をPietà(ピエタ)がサポートしているだけでなく、間接的にその家族に対するサポートにもなっているのです。

 

ここまで独占インタビュー記事①、②、そして最終回と読んでいただきありがとうございます。

「こんなこと聞いてみたい」

「これどうなってるのか、よく分からなかった」

 

など質問や聞きたいことがあれば、ぜひ弊団体にmailいただけたらと思います。僕が実際に聞いてきます!

 

インタビュー記事①、②、そして今回の③を執筆するにあたって、インタビューして、書き起こしして、翻訳して、記事を書く、という作業がここまで大変だったのか、、、と正直驚いています。記者の方を尊敬します。今回、初めて記者のようなことをやってみて、気づけたことがたくさんありました。

 

これから「Pietà(ピエタ)を日本で広めていくこと」にみんなで挑戦していくことになりますが、精一杯がんばっていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも、宜しくお願いします。

 

林佑紀

関連記事

  1. 【独占インタビューvol.2】囚人たちにしか作れないものがある。

  2. 刑務所発のファッションブランドを日本に広めたい

  3. 【活動開始!】「#刑務所から世界へ」~ペルー発&刑務所発ファッションを…

  4. 【独占インタビューvol.1】囚人たちにしか作れないものがある。

  5. 【報告】クラウドファンディングが終了しました!!