【ウガンダ】12月活動内容について

こんにちは、コンフロントワールド社会人メンバーのわたさんです。

新年あけましておめでとうございます。2023年も何卒宜しくお願い致します。

本日は、12月度のウガンダの活動をご紹介いたします。

【12月度のトピック】

①コロナウイルスとエボラウイルスを予防するため、手洗い装置と石鹸がブタンバラ地区の理事へ寄付!

②小さな街の商店にも手洗い装置を置く様子

①コロナウイルスとエボラウイルスを予防するため、手洗い装置と石鹸がブタンバラ地区の理事へ寄付!

これらの写真は、ブタンバラ地区とカランバ地区を代表する理事に手洗い装置と石鹸を渡す様子です。

ブタンバラの保健所や他の重要な公共施設にコロナウイルスやエボラウイルスを守るために配られました。

これらの装置や石鹸は全てJEDOVCで作られており、コンフロントワールドや日本の方々の寄付によって作られております。

この写真だけでも、施設に置くようの据え置き型の手洗い装置が20個以上、石鹸が30個以上ありますね。

これらが少しでもウイルスに感染してしまう人を減らせるといいなと思います!

②小さな街の商店にも手洗い装置を置く様子

これらの写真は、ブタンバラ県の商店に手洗い装置を置く様子です。

このように保健所やスーパーマーケットなどの場所以外にも家庭やローカルな商店などにも置いて、ブタンバラ県の手洗いを促進しております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

これからも衛生環境の向上を目指して活動し続けていく様子をスタッフブログを通して報告していきますのでぜひご覧ください!

関連記事

  1. ウガンダにおいての活動内容のご紹介

  2. ウガンダでのパートナー事業の現在をお伝えします

  3. 【ウガンダ】2022年4月活動報告

  4. 「新型コロナウイルス感染症緊急支援第二弾を実施致します。」

  5. 解説!NPO法人コンフロントワールドまるわかり

  6. 【ウガンダ】現地のトイレってどんなの??