【ウガンダ】1月の活動内容を紹介します

こんにちは、コンフロントワールド社会人メンバーの岩尾です。今回は1月の現地の状況をお伝えします。

今月は、エボラ出血熱とCOVID19の予防のために、ウガンダの現地住民に手洗い設備と石鹸を配布しました。

また、コンフロントワールドのこうした取組が、現地のテレビ局で報道されました!

青い服を着てインタビューを受けているのが、パートナーNGO であるJEDOVCリーダーのディクソンです。

常駐District知事(Resident District Commissioner: RDC)からも賛辞をいただいたようです。これも皆様からのご支援がどんどん現地に根付いて、人々の暮らしが改善されている証拠です。

今後もコンフロントワールドは、皆様と一緒に現地支援を継続し、活動を広げていきたいと考えています。

関連記事

  1. 【ウガンダ】浄水フィルター設置完了!!

  2. 【ウガンダ水衛生支援】気になる昨年12月の活動内容について!

  3. 【ウガンダ】7月の活動の進捗状況をお伝えします!

  4. 【ウガンダ】10月の活動進捗についてお伝えします!

  5. 【ウガンダ水衛生支援】トイレ建設の進捗について

  6. 【ウガンダ】9月の活動進捗と家庭用トイレ建設についてをお伝えします!