【タンザニア学校建設】学校の制服完成と水・電気不足による建設遅延

こんにちは、コンフロントワールド社会人メンバーのわたさんです。

今回はタンザニア連合共和国の現地パートナーとともに行っている私立小学校設立事業の最新の進捗状況をお知らせします!

私立小学校の認定には
教室 6棟
図書館
トイレ 10個
 が必要になり
そのうちの、教室 6棟目、図書館の建設を6月より進めて参りました!

今回は現地の最新状況についてお伝え致します!

①学校の制服が完成致しました!

現地から正式に学校の制服が決まったとの連絡がありました。

1枚目が男の子用で、2枚目が女の子用になります。
シャツの色が黄色で、鮮やかでかわいいですね!

タンザニアの学校の制服は、場所によって様々で、青、黄色、緑などカラフルな色の学校が多い印象です。

②水・電気不足による建設遅延

現在図書館と教室を建設中で、11月末には建設完了の予定だったのですが
現在建設が遅延しております。

理由は水・電気不足です。

どういうことかというと、建設しているマサシ県では水や電気のインフラが整っておらず
建設員に水を届ける環境がない現状です。

そのため水がない現場だと建設員がすぐ辞めていってしまい、施工が滞ってしまうということがよく発生しています。

また電気も同様で、建設に使用する電気が停電等で遮断されてしまうと
施工が止まってしまうという状況になっております。

ただ私立学校の登録は第3段階まで来ているとのことなので、後もう少しです!

現在、コンフロントワールドではマンスリーパートナーを集めるキャンペーンを行っております。
是非以下のページから見ていただけると嬉しいです!

関連記事

  1. タンザニア学校建設の進捗

  2. 【タンザニア学校建設】7月のタンザニア学校建設の進捗を報告します!!

  3. 【タンザニア学校建設】学校建設の流れをご紹介します!

  4. 【タンザニア学校建設】8月9月のタンザニア学校建設の進捗をご報告いたし…

  5. 【タンザニア学校建設】建設の様子をお知らせします

  6. 【活動報告】タンザニアから活動報告書が届きました!